一行の詩

直観のままに、わくわくして生きていく

2024-01-01から1年間の記事一覧

春らんまん気候につられ緩む頬

やっと春休みが終わり、新学期です。 毎年学年が上がるときには、次男は学校に行きたくない、と泣いてしまいます。 新4年生ですが、今年も新しいクラスや色んなことが不安で登校前に泣き出してしまい、始業式はお休みしました。 始業式の次の日、行きたくな…

勇者パーティ in me

ちいかわが最近すごく好きです。ちいさくてかわいいやつにキュンとするっていう見た目もあるんだけどやっぱりキャラクターの動きとか存在が、自分の内側にある何かを活性化させてるのかなあと。 アニメを見てたら、こんな仲間たちとの時間いいなあ。。癒され…

主体性をもって

子どもが塾に通うことになりました。わたしは中学生の時に通ったことがあるのですが子どもに通わせるつもりはあまりなくて、子ども自身が行きたいと言い出したので色々検討した結果、通わせることに。 自分が周りを気にする子どもだったので、我が子には周り…

未来に連れていってあげるからね

『葬送のフリーレン』を子どもが見ていて、途中から追いかけて見ています。なかなか追いつけない。。 題名は、フリーレンがフォル爺に言ったセリフの一部。 「フォル爺の記憶も私が未来に連れていってあげるからね」 そんな詳しく見ていないけどズドーンと入…

メイドインジャパン~僕の赤白帽~

あまり生活する上で重視しないようなことをつらつら考えてしまうのですが、今日は子どもの赤白帽のことを書きたいと思います。 子どもたちが幼稚園の年長さんのときから赤白帽を使っていて、小学生でもそのまま使っていたのですが、あごひも?が取れてしまっ…

僕が僕であるために

年明けからたくさんの悲しいことが起こり、我が家は一家で下痢嘔吐して苦しいお正月でした。 色んな思いがわき上がるのを日々の生活の中でやりすごしています。 ほんとに思いを言葉にするのがむずかしいと、年を経るほどにしみじみと感じる。 ただただ今は祈…